食生活から見る健康と肥満について

人間は年齢が上がっていくことによって、様々な機能が衰えてきます。そのひとつにあるのは、体の筋力になり衰えることによって、生活に対して不便を感じるようになり、疲れやすくなります。そして生活習慣病という、健康を損なう可能性のあるリスクを抱えますので、少しでも健康を考えるならば運動をすることがおすすめになります。このような理由から、運動は必要ですが、それと同時に食事にも気をつけることも大切なことです。

食べ物から摂取したエネルギーと運動により、消費したエネルギーがバランスよく保たれていることが、健康の為に良い状態になります。しかし食べる量が同じで、運動をしていないと摂取量が消費量を上回ってきます。使われなかったエネルギーは脂肪として細胞内に蓄えていきます。

この状態が毎日のように繰り返されると、脂肪が必要以上に蓄積し、メタボリックシンドロームになっていきます。そしてメタボが原因となって糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。この状態が続くというのは、自分では悪いことだと思っていないので、知らないうちに体の老化と肥満が進んでいきます。いつの間にか、満腹になって食べることが当たり前にならないように気をつけることです。